Twitter ジョイントマネージャープラグイン

プラグイン本体

プラグイン名:
Twitter ジョイントマネージャー
バージョン:
1.0.1
プラットフォーム:
WordPress 3.0 – 4.8.1
価格:
通常版:32,400 円(税込)
開発者版:97,200 円(税込)
販売形態:
ダウンロード販売
ダウンロード期間
通常版:7日間有効
開発者版:無制限
返品:
購入後返品不可
パッケージを選択してください。通常版と開発者版の違いは、よくあるご質問をご覧ください。

サポートオプション

サポート:
Twitter ジョイントマネージャープラグインの使用方法などについてメールでのお問い合わせにお答えします。:
価格:

プレミアムサポートオプション:10,800 円(税込)/30日毎継続課金

サポートオプション(30日間):5,400 円(税込)

ダウンロード期間

プレミアムサポートオプション:ご契約中ご購入商品はいつでもダウンロード、自動アップグレード可能です。

サポートオプション(30日間):30日間(アップグレードコードを発行しますので自動アップグレードもご利用いただけます。)

注意:
プラグイン本体を購入している必要があります。
返品:
購入後返品不可
サポートオプションを選択してください。プレミアムサポートオプションについてはこちらもご覧ください。

Twitter ジョイントマネージャープラグインは、WordPress上でTwitterと連携したサイトの構築を支援するプラグインです。

WordPressのサイトの表側でのユーザーログインには、TwitterのOAuthによる認証を利用し、初めてのログイン時にはTwitterのユーザー名と同じユーザー名でWordPressのアカウントを自動生成し、次回以降はTwitterのログインとWordPressのログインを連動させます。

画像投稿をTwitterにもつぶやける画像アップロード画面をサイトの表側に簡単に設置することができます。Twitterに画像を投稿できるTwitpicのようなサイトをWordPressを利用して独自のサイトで運営できます。

Twitter ジョイントマネージャー

インストール

  1. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍後、`twitter-joint-manager`ディレクトリを`wp-content/plugins`ディレクトリにアップロードします。(WordPressの管理画面から圧縮ファイルを直接アップロードしてインストールすることも可能です)
  2. WordPressの管理メニューからプラグインを選択し、Twitter Joint Managerプラグインを有効化します。
  3. 管理メニューの設定にTwitter ジョイントマネージャーが追加されますので、基本設定を行います。
  4. Twitterにアプリケーション登録を行い(後述)、Consumer key と Consumer secret をセットします。
  5. ウィジェット、ショートコードを利用しTwitterのログインボタンを表示し、画像のアップロード画面を表示させます。
  6. ご利用中のテンプレートを画像表示できるようにカスタマイズします。

Twitter でアプリケーション登録を行う

Twitterアプリケーションの登録画面から新しいアプリケーションを登録します。

Twitterアプリケーション登録申請

アプリケーション名
すでに登録されている名称は使用できないのでユニークなアプリケーション名を考えてください。
アプリケーションのウェブサイトURL
サイトのURLを入力します。
アプリケーションの種類
ブラウザアプリケーションを選択します。
コールバックURL
サイトのURLと同じです。
標準のアクセスタイプ
Read & Writeを選択します。
Twitterでログインする
「はい、Twitterをログインに使用します。」にチェックを入れます。

入力し終えたら保存してください。きちんと登録されると、Consumer key と Consumer secretが表示されるので、この2つをWordPressのTwitter ジョイントマネージャーの設定欄にコピー&ペーストします。

設定

Twitter ジョイントマネージャープラグインの設定は下記の通りです。

Twitter ジョイントマネージャー設定画面

Consumer key
Twitterでアプリケーションを登録した際に表示されるConsumer keyを入力します。
Consumer secret
Twitterでアプリケーションを登録した際に表示されるConsumer secretを入力します。
ログイン後URL
ログイン後の遷移先URLを入力します。デフォルトは、ユーザーページ(author.php、archive.phpが読込)に遷移します。%user_login% はログインユーザー名で置換されます。
アップロード後URL
アップロード後の遷移先URLを入力します。デフォルトは、投稿画像の投稿URLに遷移します。%user_login% はログインユーザー名で置換されます。
管理バーの無効
WordPress 3.1から導入された管理バーを無効にする場合はチェックを入れます。
ショートリンクの無効
Twitter に投稿される画像のURLを通常のパーマリンクに変更する場合はチェックを入れます。

オプションをすべて削除したい場合は、オプション削除を実行してください。

ウィジェット

Twitter ジョイントマネージャーウィジェット画面

ウィジェット(管理メニューの外観にあります)を利用することで、Twitterのサインインボタンを表示できるほか、ログイン後のメニューも追加できます。

タイトル
Twitter ジョイントマネージャーのウィジェットのタイトルを入力します。
サインインボタン前
サインインボタンの画像の前に表示する内容を記入します。
サインインボタン後
サインインボタンの画像の後に表示する内容を記入します。
サインイン画像
Twitter が公式に提供している4つのサインイン画像からお選びいただけます。
サインイン後タイトル
ログイン後に表示されるタイトルを入力します。
サインイン後ユーザーメニュー
ログイン後に表示される内容を入力します。ショートコードやPHPコードを直接入力することも可能です。

ショートコード

Twitter ジョイントマネージャープラグインでは2つのショートコード [tjm] と [tjmu] をご利用いただけます。

[tjm] は、ログインボタンの表示に、[tjmu] は画像のアップロード画面の表示に使用します。

画像のアップロード画面を表示する

画像のアップロード画面

画像のアップロード画面を表示するには、上述の [tjmu] ショートコードをページやウィジェットに貼り付けてください。なお、ログインされていない状況アップロードの画面を表示すると、「ログインまたはアカウントを作成する必要があります。」と表示されます。

ウィジェットのサインイン後ユーザーメニューで[tjmu]を使用する場合は、[tjmu echo=0] としてください。

画像のアップロード画面では、タイトルとメッセージを入力することができます。「Twitterに投稿する」にチェックを入れると Twitterにタイトルとメッセージ、投稿URLをつぶやきます。

画像がアップロードされると自動で投稿を作成し、画像と投稿を関連付けます。

Q&A

ログインボタンを独自に作る場合はどうすればよいですか?
Twitter のサインイン機能を利用するには、WordPressのURLに「?twitterlogin=1」を加えたアドレス(http://WordPressのURL/?twitterlogin=1)にリンクを張っていただくだけです。独自のログインボタン、ログイン画面を作成してください。
ログアウトはどうすればよいですか?
WordPress からログアウトするには、WordPressのURLに「?action=logout」を加えたアドレス(http://WordPressのURL/?action=logout)にリンクを張っていただくだけです。
画像をアップロードしたけど画像が表示されないのですが?
Twitter ジョイントマネージャープラグインを利用してアップロードされた画像は投稿に関連付けられた状態になっています。ご利用中のテーマファイルを必要に応じて関連画像を表示するようにカスタマイズする必要があります。
投稿に関連付けられた画像を表示するPHPコードについてはプラグインご購入後にお問い合わせください。サンプルコードをご案内いたします。

ライセンス

このプラグインは、WordPressと同じライセンスであるGNU GPLを採用しています。

変更履歴

  • 1.0.1 2012年04月06日
    • ウィジェットの読込方法変更。
    • バグフィックス: 管理画面プラグイン操作の脆弱性。
  • 1.0 2011年01月21日
    • 初リリース

多言語化

  • 英語、日本語対応