UnivaPay 決済モジュールプラグイン (ネットショップ管理プラグイン)

モジュール本体

プラグイン名:
UnivaPay 決済モジュールプラグイン (ネットショップ管理プラグイン)
バージョン:
1.1.1
プラットフォーム:
WordPress 3.3 – 6.5.3 + ネットショップ管理プラグイン 4.6.4以上
価格:
11,000 円(税込)
販売形態:
ダウンロード販売
ダウンロード期間
無制限
返品:
購入後返品不可

UnivaPay 決済モジュールは、ネットショップ管理プラグインクレジットカード決済代行の株式会社ユニヴァ・ペイキャストの決済サービスの機能を追加するモジュールです。UnivaPay 決済モジュール単体では動作しませんので、ネットショップ管理プラグインと合わせてご利用ください。

UnivaPay 決済モジュールプラグイン

パートナー価格

ネットショップ管理プラグインで、UnivaPay(IPS)決済モジュールをご利用いただく場合は、特別価格にてご利用いただけます。

詳しくは、お問い合わせ・お申込フォームよりユニヴァ・ペイキャスト社にお問い合わせください。こちらのフォームをご利用いただくと、パートナー価格が適用されます。

インストール

  1. ネットショップ管理プラグイン(4.6.4以上)をインストールします。
  2. ネットショップ管理プラグインのオプション設定の決済モジュール欄に UnivaPay の項目が表示されますので、設定をします。設定については下記で説明しています。
  3. 同じくオプション設定の支払オプション欄の決済モジュールの項目で UnivaPay を選択し保存します。
  4. 以上で UnivaPay の決済サービスがご利用いただけます。

決済モジュールオプション

ネットショップ管理プラグインのオプション設定にある決済モジュールオプションに UnivaPay の項目が表示されます。ここで UnivaPay の基本的な設定を行います。

決済モジュールオプション

トークン
UnivaPay の管理画面にあるアプリトークンで発行されるトークンを入力してください。
シークレット
UnivaPay の管理画面にあるアプリトークンで発行されるシークレットを入力してください。
店舗ID
UnivaPay の管理画面にある店舗IDを入力してください。
支払いボタンテキスト
注文確認画面に表示される支払いボタンのテキストを変更します。デフォルトは、「Pay width UnivaPay」です。
定期課金間隔、定期課金回数、二回目開始日、課金額、購入商品ID、解約商品ID
定期課金の設定になります。定期課金間隔、課金額、購入商品IDは必須です。初回課金額は商品の商品価格となります。課金額は二回目以降の課金額となります。

定期課金を利用するには、継続課金コントローラ追加モジュールプラグインが必要となります。

支払オプション

UnivaPay 決済モジュールが正しくインストールされると、支払オプションに決済モジュールという項目が追加されます。ここで UnivaPay を選択し、一度保存します。すると決済モジュールという項目の下に、決済サービスと売上処理という項目が現れます。

売上処理では、与信または与信売上から選択します。

支払いオプション

Q&A

ユニヴァ・ペイキャスト社との契約はまだなのですが?
こちらのお問い合わせ・お申込みフォームよりお申し込みください。パートナー価格が適用されます。

変更履歴

  • 1.1.1 2023年12月02日 バグフィックス: エラー。
  • 1.1 2023年06月13日 継続課金対応。
  • 1.0 2023年05月20日 初リリース

WordPress によるウェブサイト制作・ウェブシステム作成は、CMS×WPにお任せ!
ヒアリングシート簡単見積からご相談ください。
その他、どんなことでもお問い合わせをお待ちしております。

ChatGPT AI コンシェルジュ