PayPay 決済モジュールプラグイン (ネットショップ管理プラグイン)

モジュール本体

プラグイン名:
PayPay 決済モジュールプラグイン (ネットショップ管理プラグイン)
バージョン:
1.0
プラットフォーム:
WordPress 3.3 – 5.5.1 + ネットショップ管理プラグイン 4.3.1以上
価格:
11,000 円(税込)
販売形態:
ダウンロード販売
ダウンロード期間
無制限
返品:
購入後返品不可

PayPay 決済モジュールプラグインは、WordPress のEC用プラグインであるネットショップ管理プラグインPayPayの決済サービスの機能を追加するモジュールプラグインです。

PayPay

PayPay オンライン決済は、登録ユーザー数が3,000万人の PayPay をオンラインで利用できる決済システムです。PayPay オンライン決済の手数料はデジタルテンツ10%、物販・サービス3.8%でご利用いただけます。

PayPay オンライン決済を利用するには、PayPay for Developers でアカウントを作成し、申込時にウェブペイメントを選択してください。

注文確定時に、スマホだと PayPay アプリが自動的に起動して決済できますし、PC からでもバーコードをスマホで読み取るだけなので大変簡単です。

インストール

  1. ネットショップ管理プラグイン(バージョン4.3.1以上必須)をインストールします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍後、`nsa-paypay`ディレクトリを`wp-content/plugins`ディレクトリにアップロードします。(WordPressの管理画面から圧縮ファイルを直接アップロードしてインストールすることも可能です。)
  3. ネットショップ管理プラグインのオプション設定の決済モジュール欄に PayPay の項目が追加されていますので、設定をします。設定については下記で説明しています。
  4. 同じくオプション設定の支払オプション欄の決済モジュールの項目で PayPay を選択し保存します。保存後再度開くと、売上処理の選択プルダウンが現れるので、与信か与信売上を選択し保存します。
  5. 以上で PayPay の決済サービスがご利用いただけます。

決済モジュールオプション

PayPay 決済モジュールが正しくインストールされると、ネットショップ管理プラグインのオプション設定にある決済モジュールオプションに PayPay の項目が表示されます。ここで PayPay の基本的な設定を行います。

APIキー
PayPay for Developers の管理画面にログインし、ホームに表示される APIキーを入力します。
シークレットキー
PayPay for Developers の管理画面にログインし、ホームに表示されるシークレットを入力します。
URL
試験用、本番用から選択します。

実売上処理

与信を利用するには別途申し込みが必要なようです。支払オプションの売上処理で与信を選択している場合は、商品の発送後などに実売上処理が必要となります。注文管理の注文詳細画面で、金額合計欄に実売上のボタンが表示されますので、実売上処理をする場合は押してください。

返金処理

注文管理の注文詳細画面で、右上の注文を変更するをクリックすると返金ボタンが表示されるので、返金額を入力して押下します。返金は一度のみとなります。

今後の開発案件

  • 継続課金対応。

変更履歴

  • 1.0 2020年10月05日 初リリース。

WordPress によるウェブサイト制作・ウェブシステム作成は、CMS×WPにお任せ!
ヒアリングシート簡単見積からご相談ください。
その他、どんなことでもお問い合わせをお待ちしております。